[DQ10]第1回バトルトリニティ結果をみての感想

はい、というわけで予想通り、第1回バトルトリニティの結果は
天狐アマツカゼの圧勝でした!

アマツカゼに所属していたキャラは10万G
更に、アマツカゼで上位1000位以内のキャラ
参加費を山分けで143万3950G貰えます。

てことは参加費の総額は14億3395万G
1キャラ参加費1万Gだから単純計算で14万3395キャラが参加した事になりますね。
移籍時に再度参加費徴収なので、実際のキャラ数はもっと減るんでしょうけど。
仮に平均して1プレイヤーにつき3キャラ登録したとすると、
4万8千プレイヤーが参加した計算になりますが、まあ想像の域を出ない計算ですね。

個人の獲得Pや各チームの上位1000位は冒険者の広場で確認できます。

で・・・ちょっとしたスクリプト書いて各チーム上位1000位のデータを
冒険者の広場から引っこ抜いてみた。

やー・・・アマツカゼは質も量も圧倒的ですなw
他のチーム100位の閃手も、アマツカゼだったら1000位に入ってないし。
[訂正:すみません、軸を見間違えました、さすがに1000位には入りますね。]
1000P超えてる人とか、勝率5割だったとしても2000試合
1試合待ち時間等考慮して10分とすると、毎日10時間はプレイしていた計算になる・・・。

何かに打ち込めるのは素晴らしい事だけど
もうちょっと人生別の事にも時間を割いた方がいいとおじさんは思うよ?(;・∀・)汗

グラフからわかること。
アマツカゼは圧倒的すぎて比較対象にもならないので無視するとして、
ブルートライデント と オルフェアリーズ
ガタラアームズ と グレンドラゴニア
これらは上位閃手の質が高い方が、それぞれ競り勝った感じですね。

特にガタラアームズの上位100位はクラブ順位3位のオルフェアリーズも抜いていて
熱心な人に限ればクラブ順位が一つ上の3位だったようです。

上位1000位以外の獲得ポイントだけをみると、
オルフェアリーズもグレンドラゴニアも実は一つ順位があがる。
これはチームとしての人数の多さは
紫>青
赤>黄
だった事を示唆しています。
まあそれは前半戦での150戦戦績でも十分わかってたことですが。

ですので、「数の暴力」という意味ではアマツカゼになす術もありませんでしたけど、
2位以下に限って言えば、少数の頑張り次第で人数の差をはね返した、という事になりますね。

第1回は人数があまりにも偏ってしまった事が残念でした。
もしこれが平等な戦力に割り振られてたらかなり面白い展開になっていたかもですねー。
でも優勝争いが熾烈になると、逆に上位の人達の体調が心配になりますがw
うーん、やっぱり健康のことを考えて、人数は偏った方がいいかも?


ドラゴンクエストXランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)