[DQ10]運営だよりに座談会の報告

運営とDQ10プレイヤーの座談会が4/22(日)に開かれたそうで、その様子が運営だよりにて公開されました。
こちらがプレイヤーの参加メンバーだそうです。

ホイミソさんとまるすけさんだけは、blogを読んでるので知ってますが他の方はわからないなあ。
でも、皆さん結構知られた人らしい。
さすがにDQ10をやり込んでる人達が揃っただけあって、思わず「それな」と呟いてしまいたくなるようなゲームへの感想や、現状の抱える問題点への鋭い指摘がたくさん話されたようですね。

自分も便乗していくつかのお題について感想を。

■最近、新規コンテンツの消費速度が早くない?

防衛軍やエンドコンテンツに行ってないマイペースソロプレイヤーの自分にとっては、他blogなどのプレイヤーの攻略速度はほんと驚くほどですね。
プレイヤー格差がどうしようもなく広がっていて、ヘビーユーザーはあっという間に消費しつくしてしまう。
でも、座談会でも触れられていますが、「予備知識なしで挑戦するのは怖い部分がある。わかってから挑戦しても十分楽しい」ので、ヘビーユーザーが消費して作ってくれた道を辿って行くのも十分楽しい。
いわゆるテンプレ構成なんてやつですね。

自分のように、フレとほとんど絡まずのんびりプレイしている、でもコインボスには持ち寄りで行きたいって場合は、どうしても野良募集に頼らざるをえません。
そんな時、何も戦う為の指針が無いと怖くて参加すらできないんです。

テンプレ構成ができて、動画やblogでの解説が出回って、それを参考にしてやっと緑玉を出せる心の準備ができる。

「型にハマった攻略の何が楽しいの?」って意見は、それはそれでわかります。
でもそれでも十分楽しいですよ!
先行プレイヤーの皆さんには感謝感謝です。

■最近の「天地雷鳴士」

最近どころか1月くらいから天地雷鳴士ばっかり使ってる自分には、とっくの昔から強職のイメージしかありませんw
確かに最初は何か微妙な気がすると思ったのは確かですけど、カカロンによる安定感上昇の威力たるや、今ではすっかり彼女の虜です。
このあたり「初心者の方などでもげんまがサポートしてくれて遊びやすいという位置づけを想定」にバッチリハマったと言えるんじゃないでしょうか。
自分がヌルいゲーマーだからこそ、早い段階から恩恵にあずかれたわけなんですね。

■達人のオーブ

達人のオーブは既にめんどくさいんだよなあ。
でも効果が高いので無視もできない。
一度汎用的な組み合わせでセットして放置でもいいんだろうけど、一時的な付け替えが必要になるとほんと悩ましいです。
一時的だから元に戻す事を考えるだけでもうんざりしてくるのがまた困りどころです。

これについては昔っから問題にする声はあったんだけど、良さそうな改善意見も特にみたこともないので、良いやり方に変えていくのはかなりしんどそうですね。

とりあえず嵌め直しの面倒さについては一旦放置でいいから、宝珠を捨てるのを「複数選択で一括削除し何度も同じ台詞を流さない」「同じ形同じ種類の宝珠は鑑定時点で自動廃棄」など簡略化できるようにしてほしいですね。
そっちもかなり面倒に感じますが、改善の方法はありそうなので。

■「不思議な魔塔」の改修案

報酬は良いんだけどねえ・・・なんであんなにダレるんでしょうね。
広すぎるのが原因?うーん。

とりあえずこれに関しては、金フェザーを銀フェザーに変換できるようにして欲しいんだけど!

■「強ボス」の改修案

これはいい意見!
特に紫箱は早期実現を!

今年でDQ10も満6年、7年目に突入するともなれば色々と制度疲労も蓄積してくるでしょうけど、運営にはうまい舵取りをお願いしたいですね。


ドラゴンクエストXランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)