[食]孤独のグルメを真似てフラリと食べに行く

「孤独のグルメ」という漫画原作の連続ドラマが密かな人気となっている。
個人輸入雑貨商を営む松重豊演じる「井之頭五郎」が、営業先の様々な街を訪れる。
人間、当然腹が減ったら飯を食うわけで、自分の嗅覚を頼りにその街で立ち寄る店で、ひとり、孤独な飯を愉しむというドラマだ。

一応、取引相手とのちょっとしたやり取りはあるのだけど、劇中の大半はひたすら「食ってるだけ」で、主人公の五郎が「うまい」「いいぞー」「そうきたか」と心の声をあげてるだけ、本当にそれだけで盛り上がりはない。
それでもTV東京系で毎週金曜深夜0:12から絶賛放送中の現在は、なんと「シーズン7」!( ゚д゚)
いやあ飯の話は誰もが食いつくとは言うものの、この深夜帯で1位の視聴率を稼ぎ出してるそうで、すっかりシリーズとして定着してしまったようだ。

自分は最近そのブームを知ったクチなので、遅まきながら今netflixで2日に1回くらいのペースで視聴中。
(格安で過去の放映がみられる、良い時代になったものです)

今、シーズン3の9話まで視聴完了。
うーん、盛り上がりがないw
なのに何故か流し見しちゃう(´-﹏-`;)
釘付けになるってわけじゃないんだよね。
DQ10しながら「今日も五郎ちゃんの食いっぷりいいなあ」「あーこんな店渋くていいよね」なんて思いながらチラ見してるだけ。
そして、また観ちゃう。
なんだろうこの魅力は。
(ちなみに、シーズン3の5話では、先日亡くなった大杉漣さんが出演していてちょっとホロリとさせられた)

調子にのって自分も五郎ちゃんを真似て、会社の帰りなんかにちょっと遠出したりしてフラリと店に入ってみたりw

ここはそんな店。
中井の「石川屋」という個人経営らしき飲み屋さん。

玉ねぎを豚バラで巻いた?玉のような串カツと、チーズの包み揚げ。
どっちも美味し、いいじゃないか。
チーズの包み揚げは塩がガッツリ効いてていいね。
チーズはしょっぱい方が好きだなー俺は。

そして串盛り合わせ。
左の鶏ももが柔らかくてジューシーね。

ほかに田楽とハイボール2杯ウーロンハイ1杯、あとなんか頼んだかな・・・忘れたw
しめて計3000円ほど・・・う、やっぱり飲みは金かかるなw
いや、夜の飲み代としては適正価格だと思うけど。

五郎ちゃんはランチタイムの昼にフラフラできるからいいよなあ。

まあ、こういう楽しみ方ができるのは独身貴族ならではだと思うので、自分も五郎ちゃんのように時折自分の嗅覚を頼りに飯屋を探してみよう。
こんな楽しみも、いいよね。

日々の出来事ランキング

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)